肌が敏感になってしまうのはなぜ?

肌が敏感になってしまうのはなぜ? そもそも化粧水が沁みてしまう、刺激に感じてしまうというのは相当肌が弱くなっている証拠です。 肌の一番表面にあり、外気と接している角質層が乱れている状態なので化粧水程度の刺激にも反応してしまうんですね。


肌の角質層が乱れてしまうにはもちろん原因があって、


・普段のスキンケアのやり方が間違っているから
・生理前、妊娠中だから
・空気が乾燥している、季節の変わり目だから
・ストレス、睡眠不足等の生活習慣に問題があるから


といった感じでいろいろあります。このなかでも一番の角質層を乱す原因というのが、普段の間違ったスキンケアになります。 日本人女性の7~8割が乾燥肌や敏感肌の自覚症状があるというのは、毎日のスキンケアに問題があるということ以外のなにものでもありません。


普段のスキンケアの何が悪いかというと1つは、保湿しているようで保湿できていないこと。 特に多くの人が間違っているのは化粧水をたっぷり使うことが保湿だと思っていることです。化粧水を使えば使うほど肌が乾燥するということを知っている人は少ないと思います。


また、日本人が当たり前だと思っているステップ数の多いスキンケア方法が肌が界面活性剤に触れる回数を増やしてしまい、 指や手と肌の摩擦を促進して、角質層が乱れた外部刺激に弱い敏感な肌を作ってしまうんですね。


角質層を整えて美白する! 敏感な肌に使える美白化粧水<Best3>

乱れた角質層を立て直す有効成分が「セラミド」

乱れた角質層を立て直す有効成分が「セラミド」 デリケートになった肌は角質層が乱れてしまっているのでそれを立て直す必要があります。そこで注目すべきなのがセラミドという成分になります。


肌のうるおいの8割をセラミドが主成分の細胞間脂質が担っているので肌にあるセラミドを増やすことが角質層を立て直すためには必要不可欠なんです。 肌が乾燥するとか敏感肌だという場合はとにかくセラミドを意識した肌のお手入れをしないといけません。


セラミドケアには、肌のセラミドを守ることと、セラミドを外部から補給することの2つのアプローチがありますが、 どちらかというと今ある肌のセラミドを守ることのほうが重要ですし、保湿効果の実感も早いです。


今ある肌のセラミドを守るために具体的にしないといけないのは、クレンジングに気をつけるということです。セラミドは脂溶性なのでオイルクレンジングなんかをすると溶け出していってしまうんですね。 肌にメイク汚れや皮脂汚れが残っているのはよくないんですが、それらと一緒に必要なうるおい成分も洗い流してしまうことが肌を外部刺激に弱くしてしまう原因になってしまうんです。


落しすぎないケアを心がけながらあとは、セラミドを含むスキンケア化粧品で保湿します。保湿は水分ではなくセラミドなどの保湿成分を与えることが大切です。←ココ凄く重要です。


女性は特に皮膚が男性に比べて薄く角質層も薄いうえ、毎日のクレンジングでそれを削ってしまいがちですからセラミドを意識したお手入れをしないとすぐに 肌が乾燥して敏感になってしまうので気をつけるようにしてくださいね。


保湿×美白は両立できる! 肌に優しい美白化粧水はコチラ
Copyright © 2014 肌に優しい美白化粧水~乾燥&刺激の心配がない<Best3>· All Rights Reserved·