デリケートな肌が悩んでしまう無添加と敏感肌用というキーワード

デリケートな肌が悩んでしまう無添加と敏感肌用というキーワード 普通の基礎化粧品では刺激が強くて使えないという場合、肌に優しいスキンケア化粧品を探し始めるわけですが、 目に留まるのは無添加化粧品であり、敏感肌化粧品だと思います。


この2つでどんな違いがあって、肌に優しいのはどっちだろう?と疑問に思ったりしませんか?「思う!」という人はぜひこのまま読みすすめてください。


まず無添加化粧品ですが、何が無添加なのかをよく知る必要があります。旧表示指定成分が無添加なのか、それとも石油系の化学成分が無添加なのかといったことです。 実はこうした無添加化粧品が謳う「無添加」には統一した基準がないので売り手の都合で好き勝手にいっているというのが実情なんです。


そのため無添加だから肌に優しいとか安全ということはまずないです。旧表示成分が無添加だといっても肌に刺激になる成分は他にありますし、 100%天然成分というものであってもウルシで肌がかぶれるように天然成分でも肌に刺激になるものは多いですから、自然由来というだけで肌に優しいと短絡的に結び付けて考えてしまうのは凄く危険なことだと思います。


組成が複雑でコントロールできない天然成分よりも組成が単純で改良できたりコントロールできる化学成分のほうが肌にとって優しいというケースは多々あります。 皮膚科で処方してもらえるワセリンなんかはその典型ですよね。石油からつくられる成分ですが、非常に安全性が高くデリケートな肌の保護によく使われている成分ですから。

低刺激+キレイの付加価値が期待できるのが敏感肌化粧品です。

低刺激+キレイの付加価値が期待できるのが敏感肌化粧品です 一方で敏感肌化粧品というのは、肌に刺激の少ない成分をできるだけ刺激にならないように組み合わせ、設計されている化粧品です。


数多くの品質チェックやテストを重ねて安全性や刺激について根拠を積み重ねたものが商品化されているのでかなり信頼できると思います。


そんな敏感肌化粧品の成分表示をみて化学成分が配合されていることがわかると、それだけで敬遠する人もいるんですが、そうした食わず嫌いはちょっと勿体ないことをしている気がします。


実際使ってみると肌に優しいだけでなく、肌状態がどんどん良くなっていくのを痛感できるものもありますから、 ただ、成分だけで決めつけてしまうのではなく、パッチテストでもなんでもやって確かめてみるという姿勢が大切だと思います。


以前の敏感肌化粧品というのは、刺激が少ないというだけが特徴で、有効成分も何も入っていないスキンケアとして使う意味がわからないシロモノがほとんどでした。 しかし、ここ最近は刺激が少ないことはもちろん使って肌がきれいになる付加価値を付け加えられるものが増えてきています。


美白もそのひとつで、これまで刺激が強いということで思い切りできなかった美白が敏感肌用の美白化粧品を使うことでできるようになっているんです。 刺激になるものが無添加なだけで何の美肌効果のない無添加化粧品と、刺激を抑える技術と美肌効果を兼ね備えた敏感肌化粧品、どっちを使いたいと思いますか?


やっぱり女性であればきれいになりたい!キレイに魅せたい!という思いがあると思うので、低刺激なうえでさらに付加価値のある化粧品を使いたいはずです。 となるとデリケートな肌のスキンケアには敏感肌ブランドを選んだほうが満足度は高いと思います。


敏感肌ブランドで美白する。 肌に優しい美白化粧水<Best3>
Copyright © 2014 肌に優しい美白化粧水~乾燥&刺激の心配がない<Best3>· All Rights Reserved·